Monthly Archives: 10月 2004

地震

photo

始めは、あっ揺れているという感じだったのですが、次第に大きくなり扉や窓などがガタガタガタガタと音を立て揺れ始めました。震源であるお隣の新潟県では、震度6強だそうで上越新幹線が脱線しているとか。そして、私のいるこの辺では震度4だそうで、まだ震度3とか2の余震も時折ありまして、酔ってしまいそうな感じになります。

台風に地震に、自然の力に人間は太刀打ち出来ません、無力です。

コメントは受け付けていません。

たい焼き

photo

普通は中に小倉あんが入っているものなんですが、今日は黒ごま入りのたい焼きを食しました。ごまの香ばしい香りが食欲をそそり、しかも餅が入っていたりと、とても美味しかったです。

コメントは受け付けていません。

河川

photo

いつも通る橋があるのですが、通りがけにふと川のほうに目を向けると、まるで川の中に木が植えられているような感じで、茶色に濁った水が河川敷辺りまで溢れていました。おそらく、昨日の夕方から朝にかけての雨によって、ここまで水位が上がったのでしょう。何か、自然の偉大さを改めて感じた瞬間です。

コメントは受け付けていません。

避ける

photo

本当は、あれをこれしてそうやれば不可能ではないのですが、いかにももう方法がないようかのように言って、面倒を未然に回避してしまいました。言ってしまった後に、ちょっと不親切すぎかなとも少しは思ったりもしたのですが、既に諦めているようだったし、だったらどうなろうと知ったことではありませんし、所詮、私はそういう人間です。

コメントは受け付けていません。

充血

photo

今日は一日中パソコンの画面と睨めっこで、疲れました。もしかしすると、また視力が下がってしまったかもしれません。こういうときに限って、目薬は切れてしまうし、明日は必ず買ってこようと思います。

コメントは受け付けていません。

このまま

photo

朝晩とすっかり冷え込むようになったので、ここ最近は毛布と厚手の布団を掛けるようになったのですが、今日の朝はその布団から出たくありませんでした。

朝の弱い私ではありますが、一応、いつもはフラフラしながらもスムーズに時間通り起きています。しかし、今日は部屋が寒い、まるで冬になってしまったかのような寒さなんです。そんなことで、出来れば、このまま布団に潜って寝ていたいなと。でも、もちろん平日にそんなことが出来るわけもなく、刻々と過ぎる時間の中を泣く泣く布団からはい出ることになった、一日の始まりでありました。

コメントは受け付けていません。

photo

秋晴れという言葉がピッタリな、太陽の暖かな日差しが心地良いポカポカ陽気の今日、部屋の窓を開けていました。しばらくすると、何か窓のほうからカチカチと音。何だろうと思っておそるおそる近づいてみると、ハチ、アシナガバチです。窓とカーテンの間で飛び回り窓にぶつかっている音でした。この時期になると、必ずと言っていいほど飛んでくるんです。一応、網戸になっているのですが、一体どこから入り込むのでしょうか。わずかな隙間からでも入ってくるのでしょうか。

コメントは受け付けていません。
Page 2 of 512345