FIVAでLinux

photo

その昔、CASIOから出ていたCASSIOPEIA FIVA MPC-102というA5サイズの小さなノートパソコンがありました。何年か前にそのパソコンを父から譲り受けたことがあったのですが、その時は、運が悪かったのかハズレを引いてしまったのか、ほどなくして電源が入らなくなったりしてあまりにも調子が悪いので、こんなのいらないよと言う感じで父に返していました。

それから何年と時が流れ、この度また私の手に舞い戻ってきました。正直、性能の良いパソコンが1台あれば十分と思っている私なので、今更このスペックが手元に来たとしてもどうするよと1週間ぐらい考え込んでいたのですが、ようやく道が見えました。A5サイズという小ささと軽さにまだバッテリーが生きていると言うことで、寝転がってインターネットとか、寝る前に気づいたときにインターネットとかに使えるかなと。

そんなことで、Linuxをインストールしました。以前と違ってこれではブラウザ(image:./archives/fiva_linux01.jpg,サムネイル,FIVA上でのLinuxの画面その1)さえ動けば十分だし、もちろん文字は綺麗だし(image:./archives/fiva_linux02.png,サムネイル,FIVA上でのLinuxの画面その2)、patchを当ててサスペンドにハイバネーションに無線LANも使えるようになったし、 FIVAでのLinux(image:./archives/fiva_linux03.jpg,サムネイル,FIVA上でのdmesg)は大丈夫でしょう。

Comments are closed.